Pascal 日和 ホームページ









ソースネクスト

最新情報




2018年5月24日
 ・「開発環境」メニューの「Lazarus の設定」ページを以下デックスページにしてインストールページも配下のページとして設定。
 ・Lazarus 1.8.4 がリリースされたため、いくつか 1.8.2 に対するコメントを追加。


2018年5月5日
 ・「開発環境」メニューの「Lazarus の設定」ページ配下に「パッケージインストール(その2)」ページを追加しました。


2018年5月4日
 ・「開発環境」メニューの「Lazarus の設定」ページ配下に「パッケージインストール(その1)」ページを追加しました。


2018年4月29日
 ・「開発環境」メニューの「Lazarus の設定」ページ配下に「カスタマイズ例」ページを追加しました。


2018年4月27日
 ・「開発環境」メニューの「Lazarus の設定」ページを Lazarus 1.8.2 と Windows 10 の画像に変えました。
  インストール対象を32bitから64bitに変更。
 ・「Lazarus IDE 1.0.xの設定」ページを削除。
 ・Lazarusの「ZeosDB」、「Synapse」、「lNet」、「Indy.Socket」ページを削除。
  別途、Lazarus 1.8の新機能の「Online Package Manager」によるパッケージインストールによる設定方法を記載予定。


2018年4月22日
 ・「開発環境」メニューの「Free Pascal の設定」ページを Free Pascal 3.0.4 と Windows 10 の画像に変えました。


2018年4月21日
 ・「開発環境」メニューの「共通設定」ページの画像を Windows 10 の画像に変えました。それに合わせて説明も一部修正しました。


2016年7月17日
 ・「開発環境」メニューの「Free Pascal コンパイラの設定」ページを Free Pascal 3.0.0 用に修正しました。


2014年8月11日
 ・ADW Modula-2 Build 1.6.280 (2014/8/6)がリリースされました。
 ・「ADW Modula-2 コンパイラの設定」ページを Build 1.6.280 用に修正しました。


2014年4月2日
 ・「環境設定」メニューの「GNU Pascal コンパイラ(MinGW)」ページを修正しました。
  旧バージョンのMinGWではなく、最新バージョンのMinGWで動作するようにしました。具体的には gnupas.cmd での環境変数設定で対応しました。
  これにあわせて、「MinGWの設定(GNU Pascal用)」ページを削除しました。
 ・「環境設定」メニューの「GNU Pascal コンパイラ(DevGPC)」ページを修正しました。
  gnupas.cmd の名前を gnupas2.cmd としました。MinGW版との重複をされるためです。
 ・「環境設定」メニューの「共通設定」ページを修正しました。
  resetpath.cmd に、他のコマンドスクリプトで設定している環境変数を削除する設定を追加しました。


2014年3月26日
 ・「環境設定」メニューに「MinGWの設定」ページを追加しました。
  GNU PascalのためのMinGWのバージョンのインストーラが入手できなくなりましたので、最新のMinGWのインストール方法を汎用目的として追加しました。
 ・「環境設定」メニューに「GNU Pascal コンパイラの設定(Dev GNU Pascal版)」ページを追加しました。
  GNU PascalのためのMinGWのバージョンのインストーラが入手できなくなりましたので、Dev+GNUPascalのインストール方法を追加しました。
  これにより旧バージョンのMinGWのインストールができなくてもGNU Pascalコンパイラが使用できます。


2014年3月24日
 ・「環境設定」メニューの「Lazarus IDEの設定」ページを Lazarus 1.2 対応に修正しました。


2014年2月17日
 ・2月14日の追加情報を削除しました。


2014年2月14日
 ・「MinGWの設定(GNU Pascal用)」ページに「mingw-get-inst-20120426」のダウンロード情報を追加しました。
 ・「ADW Modula-2 コンパイラの設定」ページに「ADWm2.74.zip」のダウンロード情報を追加しました。


2013年12月22日
 ・「環境設定」メニューに「Indy.Sockets」ページを追加しました。
  Indy.SocketsはLazarus(Free Pascal)で使用できる通信コンポーネントです。Lazarusのコンポーネントパレットから使用できます。


2013年11月24日
 ・Lazarus Version 1.0.14 (2013/11/19)がリリースされました。Free Pascal は 2.6.2 のままです。


2013年11月17日
 ・「環境設定」メニューに「lNet」ページを追加しました。
  lNetはLazarus(Free Pascal)で使用できる通信コンポーネントです。Lazarusのコンポーネントパレットから使用できます。


2013年10月14日
 ・「環境設定」メニューに「Synapse」ページを追加しました。
  SynapseはFree PascalやLazarusで使用できる通信コンポーネントです。


2013年9月29日
 ・「環境設定」メニューに「ZeodSBO」ページを追加しました。
  ZeosDBOはLazarus(Free Pascal)で使用できるデータベースコンポーネントです。Lazarusのコンポーネントパレットから使用できます。


2013年9月23日
 ・「環境設定」メニューに「エディタ設定(PSPad)」ページを追加しました。


2013年9月21日
 ・GNU Pascal コンパイラの設定を修正しました。
 ・MinGWの設定ページとGNU Pascalの設定ページを分けました。
 ・最新版のMinGWではGNU Pascalのリンクエラーが出るため、インストール及び設定内容も大幅に修正しました。


2013年9月14日
 ・Lazarus Version 1.0.12 (2013/8/26)がリリースされました。Free Pascal は 2.6.2 のままです。


2013年8月7日
 ・ADW Modula-2 Version 2.74 (2013/8/2)がリリースされました。
 ・「ADW Modula-2 コンパイラの設定」ページを Version 2.74 用に修正しました。


2013年8月3日
 ・既定の文字色を濃いグレーから黒に変更しました。既定の行間も少し広げました。


2013年7月31日
 ・「GNAT(Ada) コンパイラの設定」ページに「Hello, world.(その2)」と「コマンドラインでのビルド方法」を追加しました。


2013年7月28日
 ・「環境設定」メニューに「GNAT(Ada) コンパイラの設定」ページを追加しました。


2013年7月24日
 ・Pascalの「実装部」、Modula-2の「実装モジュール」という表現をそれぞれ「実現部」と「実現モジュール」にしました。


2013年7月23日
 ・「ADW Modula-2 コンパイラの設定」ページに「Hello, world.(その2)」と「コマンドラインでのビルド方法」を追加しました。


2013年7月22日
 ・「環境設定」メニューに「ADW Modula-2 コンパイラの設定」ページを追加しました。


2013年7月21日
 ・「環境設定」メニューに「Lazarus IDEの設定」ページを追加しました。


2013年7月15日
 ・「環境設定」メニューに「Free Pascal コンパイラの設定」ページを追加しました。


2013年7月14日
 ・「共通設定」ページのコマンドプロンプトショートカットの作業フォルダを特定の処理系に依存させないために「C:\PG\FreePascal」から「C:\PG」に変更しました。
 ・「環境設定」メニューに「コンパイラ処理系設定」ページを追加しました。
 ・「環境設定」メニューに「GNU Pascal コンパイラの設定」ページを追加しました。


2013年7月11日
 ・「共通設定」ページにXPathの設定と resetpath.cmd を追加しました。


2013年7月8日
 ・「環境設定」メニューに「エディタ設定(EmEditor)」ページを追加しました。


2013年7月2日
 ・「環境設定」メニューに「共通設定」ページを追加しました。


2013年6月25日
 ・「環境設定」メニューに「環境設定」ページを追加しました。


2013年6月22日
 ・「はじめに」メニューに「なぜPascal系言語か」ページを追加しました。


2013年6月18日
 ・「はじめに」メニューに「プログラミング言語年表」ページを追加しました。


2013年6月14日
 ・新規サイト「Pascal日和 ホームページ」公開。