カテゴリー別アーカイブ: Free Pascal

CodeTyphon Studio のインストール手順にLinuxの説明を追加しました。

[CodeTyphon Studio の設定]ページ配下の[インストール]ページで、Windows 版の説明の他に、Linux 版 (Ubuntu 18.04 と CentOS 7)の説明を追加しました。

[カスタマイズ例]はそのまま Windows 版、Linux 版の両方で適用可能です。

Windows 10、Ubuntu 18.04、CentOS 7、それぞれにインストールした Typhon V-IDE の見た目はほとんど同じです。操作も同様です。

【Windows 10】

【Ubuntu】

【CentOS】

マルチプラットフォームで同じ操作ができるのは本当にすごいと思います。
利用できるコンポーネントやライブラリもプラットフォームに依存しないものは共通で利用できるので、ビルド環境やプロジェクトソースもマルチプラットフォーム化が容易だと思います。
Free Pascal 3.0 からは Delphi 2009以降の様に文字列にコードページ情報を持つようになり、自分で変換処理をいちいち記述しなくても Unicode 処理が容易になったので、日本語対応アプリの開発にも適しています。
日本での知名度を上げるにはどうすれば良いのでしょうね。使われないのはもったいないと思います。

 

CodeTyphon Studio のインストール手順を作成しました。

Pascal日和のホームページ」の[開発環境]に[CodeTyphon Studio の設定]ページを作成しました。
[CodeTyphon Studio の設定]ページ配下に[インストール]ページを作成しました。

[カスタマイズ例]ページは作成予定です。
基本的には Lazarus と同じ感じです。

 

Lazarus 1.8 のインストール手順

Pascal日和のホームページ」の[開発環境]-[Lazarus の設定]ページを、Lazarus 1.8 のインストール手順にアップデートしました。
Windows 10(64bit) + Lazarus 1.8.2(64bit)で作成しました。

追加パッケージのインストールについては、Lazarusのメニュー「パッケージ」-[パッケージのインストールもしくはアンインストール…]によるものと、Lazarus 1.8で登場した「Online Package Manager]によるインストール例を作成予定です。
自分で容易にLazarusを拡張できるようになります(若干問題もありますが)。
それにあわせて「Windows版 Lazarus イントールセット (1.6.4)」 は削除する予定です。